犬の散歩は毎日することなので、リードや首輪、ハーネスは使いやすいものを選ぶのが重要です。

 

 

おとなしく歩く犬であればどんな首輪やハーネスでも大丈夫ですが、嬉しくて前に前にグイグイ引っ張る犬の散歩はひと苦労です。

 

 

引っ張り癖のある犬に対して間違った方法で矯正しようとすると、たいていの場合犬に反抗されて多くの飼い主さんはイライラしてしまいます。

 

イージーウォークハーネスを使うとそれまでグイグイ引っ張っていた犬が引っ張らなくなるので、散歩で困っている飼い主さんにお薦めの製品です。

 

引っ張り癖のある犬にこそイージーウォークハーネス

 

イージーウォークハーネス

 

 

イージーウォークハーネスは犬が前に出ようとする力を利用して前に進めなくするハーネスです。

 

 

リードをつなぐナスカンが犬の胸元にあり、犬がリードを引っ張るとマーチンゲールループが締まり前に進もうとする力を弱めるので散歩がとてもラクになります。

 

 

 

 

注意!

イージーウォークハーネスは引っ張る方向と逆方向に力が入ります。

犬が急に飛び出すようなダッシュをするとまえのめりになり、ひっくり返って転んでしまいます

散歩に特化した物なので運動に使うとケガをする場合があるので要注意!
犬が前に進もうとすると後ろ向きになる力が働くので、グイグイ引っ張られるような散歩にはなりません。

リードを持っている飼い主さんの手にも負担が無いので散歩がラクになります。

 

 

正しく装着されたイージーウォークハーネスは正しい散歩をすることができるので、犬を初めて飼う人にはお薦めの製品です。

 

 

ベリーが子犬の時にイージーウォークハーネスを買って使ってみましたが、ベリーは散歩の時にグイグイ引っ張って前に進んで行かないので必要ありませんでした。

 

 

かと言って使わないのももったいないので、ナスカンが背中になるようにしてみたらすごく使い勝手が良くなりました。

 

 

下の動画のように、ナスカンが背中になるように装着すると走り回っても転んだりしないし首輪よりも犬に与える負担が少ないので用途によって使い分けることができます。

 

 

イージーウォークハーネスを使ってるのに犬の引っ張りがなおらないのは、ハーネスのサイズが犬の胴回りのサイズと合っていない装着が正しくないかのどちらかです。

 

 

購入前には必ず犬の胴回りを正確に測っておくことが重要です。

犬を飼い始めたらしつけよりも先に基本の散歩から

犬の散歩を見ればしつけがちゃんとできてるのかできていないかが分かるように、しつけの基本は散歩がすべてです。

 

 

無駄吠えをしたり、他の人や犬に攻撃的なのに散歩はちゃんとできているというケースはほとんどありません。

 

 

飼い主さんが主導の散歩ができれば、他のしつけは簡単にマスターできます。

 

こんな時はイージーウォークハーネスがお薦め

・初めて犬を飼う

・しつけ教室に通ってもひっぱり癖が治らない

・チョークチェーンや首輪で矯正するのが無理なとき

・犬の力に負けてしまう

犬の年齢に関係なく始められますし、ハーネスに慣らすためのテクニックや時間はほとんど必要ありません

 

 

「今までの苦労はなんだったんだ」と感じるくらい散歩がラクになます。

 

 

Amazonや楽天市場のクチコミを見ても、もっと早くから始めれば良かったというレビューが多いのが特徴です。

 

 

サイズ選びと装着方法だけ間違えないようにすれば大丈夫です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事