シェパードのベリーに新しいハーネスを購入しました

犬用ハーネス

 

 

買って大正解でした。

柔らかい素材なのに生地がしっかりしていて壊れにくそうです。

 

ベリーの身体にピッタリはまり安定感があります。

ベリーは散歩でグイグイ引っ張ることはないんですが、引っ張られたとしても手に負担がかかりずらそうです。

 

犬の散歩で首輪は犬も人間も負担が大きい

首輪は犬の喉にピンポイントで負担をかけているので頸椎を痛めるか、気管のどちらかを痛めますよ。

 

また、それを引っ張っている人間の手にも負担がかかっているのでお互いにとって首輪はあまり良い道具ではありません。

 

ハーネスは上半身全体に力が分散されるので、リードを持ってる人間もラクですし犬にとってもラクで負担がありません。

 

ハーネスの装着はとても簡単なので首輪よりも断然お薦めです。

犬の散歩を首輪でする 3つの危険

首輪は手軽なので便利ですが、散歩時に大きく3つの危険があるので気を付けましょう。

1 すっぽぬける

首輪がきつすぎると犬が苦しくなり、緩いとすっぽ抜けます。

 

たいていの飼い主さんは首輪が頭から外れないようにきっちり調整しています。

 

でも革製やビニール製の首輪は経年劣化して微妙に輪のサイズが大きくなってきます。

 

輪の内径がわずかでも広がると簡単にすっぽ抜け、万が一車が近くを通っていたら轢かれてしまう危険があります。

 

2 犬の首への負担が大きい

しつけの道具として、チョークチェーンやハーフチョークを使う飼い主さんもいます。

 

チョークはしつけができている犬に対して使うものであって、これからしつけをする犬に対して使うものではありません

 

首を軽く締めてチョンチョンとショックを与えるだけならまだしも、素人が使うと必ず締めっぱなしになるか過度の力を与えてケガをさせるかのどちらかです。

 

もちろん普通の首輪でやっても効果はありません。

 

犬の首は人間が思っているほど強くありません。

 

しつけとしてチョークを使うならイージーウォークハーネスがお薦めです。

3首輪の耐久性がない

小型犬のように力が弱い犬なら心配する必要はありませんが、中型犬や大型犬になると首輪が突然切れたり、ナスカン部分が首輪本体からちぎれることがあります。

 

雨の日に散歩に行った際に濡れたり、日中の太陽光でだんだん製品が劣化してきます。

 

万が一にも首輪が外れてしまったら、走ってどこかに行ってしまったり交通事故に巻き込まれる危険があります。

 

少なくとも2年に一回は新品の物に買い替えたほうが安全です。

失敗しないハーネスの買い方

ハーネスを購入する前に必ず犬の首回りと胴回りを計ります

 

計らずに「大型犬だからLサイズを買おう」といって着せてみたらブカブカで身体に合わないことがよくあります。

 

面倒ですがキッチリ計った方が良いです。

 

ハーネスの形状もいろいろあります。

 

多いのが首にかける8の字タイプと、両肩を通すタイプです。

 

今回ベリーに買ったのが8の字タイプです。

 

両肩を通すタイプのハーネスも遜色はないのですがO脚になりやすいので私はいつも首にかける8の字タイプを購入しています。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事