毎日一緒に生活する愛犬が自宅でも散歩中でも、オシャレな服を着ているととてもかわいく見えます。

 

 

ベリーに飼った服が最近小さくなってきたのでまた近いうちに大きめのを買う予定です。

 

 

犬に服を着させるとかわいいだけでなくいろんなメリットがあります。

 

ノミやダニを寄り付かせないために服を着せる

 

私はベリーと散歩をするときはアスファルトの上だけではなく、芝生や草むらのような柔らかい地面を歩かせています

 

 

 

アスファルトのような硬い地面よりも足腰に負担がかからないので、ベリーも喜んで歩いてくれます。

 

 

 

冬でしたらダニやノミ、蚊の心配はありませんが夏はダニなどが多いので草むらを歩くときは注意が必要です。

 

 

 

夏は草の丈が高くなるので特にダニが付きやすくなります。

 

 

簡単なダニ・ノミ対策は服を着させることです。

 

 

 

服だけだとまだ安心できないので、私はベリーの服に水で薄めたヒバ油を軽く吹き付けています

 

 

 

ヒバ油は虫を寄せ付けないのでダニ・ノミや蚊への効果がとても高いです。

 

 

 

犬の身体に付いたダニやノミはフロントラインで駆虫できますが、犬の皮膚への影響が怖いので私は使ったことがありません。

 

おすすめ

 

ベリーは緑色が似合うのでまたモスグリーンを買う予定です。

 

服を着る事で被毛が熱くなるのを防ぐ効果がある

日光がそんなに強くなくても犬種によっては被毛が熱くなっていることがあります。

 

 

ベリーはジャーマンシェパードなので黒い毛の部分があり、散歩中に毛を触ってみると熱くなっているのがわかります。

 

 

試しに服を着させてみたら陽射しが直接当たらなくなり、熱くなくなりました。

 

 

犬は人間よりも暑さに弱くバテやすいです。

 

 

呼吸が早くなったり、ゼイゼイ言ってる時は散歩じたいできません。

 

 

黒い毛の犬種は日光の暑さを吸収しやすいので、散歩に行くタイミングに気を使います。

抜け毛が散乱しなくなる

犬の毛が落ちてて気になるのは家の中と車の中です。

 

 

私は休日になるとベリーと車で出かけることが多いです。

 

 

車の中に犬用のシートを敷いてベリーを後部座席に乗せるか、座席を倒してバリケンを積んでベリーを乗せるかのどちらかです。

 

 

どちらの乗せ方をしてもベリーの毛は散乱します。

 

 

家の中と違って、車の中に付いた犬の毛を取り除くためには非常に苦労します。

 

 

同じところを何度も掃除機をかけても全然吸い取ってくれません。

 

 

掃除機だけでは取り切れないのでガムテープを大量に併用してやっと取れます。

 

 

何も考えずに、ベリーに服を着させて車に乗せたら抜けた毛が車内に残らないことに気が付きました。

 

 

それからはベリーを車に乗せるときは服を着させるようにしています。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事