【ドッグフードおさかな】創業108年の鰹節屋が本気で作った犬ゴハン

飼い主さんはドッグフードを選ぶ時、愛犬がいつまでも元気にいられるように

「アレルギーの犬にも安心・安全」

「体に害がない素材」

「穀物類が使われていない」

など、健康に配慮したドッグフードを購入します。そのなかで

 

創業108年の鰹節屋がつくった刺身用カツオ・マグロ使用【ドッグフードおさかな】 を思い浮かぶ人も多いと思います。

 

 

 

でもいざ購入しようとなると、実際に愛犬に与えている飼い主さんの口コミや効果を見てから買いたいですよね。

 

 

 

このブログでは国産ドックフード【おさかな】 のメリットを口コミを交えて、わかりやすく解説していきます。

 

 

InstagramやTwitterなどのSNSで話題の【ドッグフードおさかな】は今売れに売れまくっている人気商品です。

 

【ドッグフードおさかな】は刺身用のカツオ・マグロを使用

国産ドックフード【おさかな】 は静岡県の焼津で水揚げされたお刺身用のカツオやマグロを、生のままドライフードにしたものです。

 

 

 

人間が食べても問題ない魚をふんだんに使った高品質なドライフードなので安心して与えることができます。

 

 

新鮮な生のカツオやマグロを使うことで
・魚の香がしっかり入り嗜好性が抜群に良い

・乾燥工程がないので魚の栄養素をそのまま取り込める

・魚由来の不飽和脂肪酸(EPA・DHA)が豊富に含まれている

初回おためし¥1.000はコチラ

【ドッグフードおさかな】は品質はもちろん、犬の健康に配慮したドッグフードとして知られています。

【ドッグフードおさかな】3つの特徴

畜肉や小麦、卵、乳不使用(工場にも一切いれてません)

酸化防止剤、着色料不使用

ノンオイルコーティングで香りも味も抜群

畜肉や小麦、卵、乳不使用

魚は低アレルゲンなので牛、鶏などの畜肉アレルギーの犬におすすめです。

 

 

実際に、魚系のフードに切り替えたことでアレルギーが出なくなったという声をよく聞きます。

 

 

最近では肉よりも魚のほうが好きな犬も増えています。

 

 

また、小麦はアレルギーの原因になるリーキーガット症候群をおこすので注意が必要です。

 

包装を工夫して酸化防止剤、着色料不使用

【ドッグフードおさかな】は保存料などを使わずに、包装に工夫を凝らしています。

 

 

 

保管中のフードを酸化して古くなるのを防ぐために、脱酸素剤を封入し無酸素包装にしてあります。

※開封後は効果が消えるので脱酸素剤は取り出します。

 

香りにこだわり、ノンオイルコーティングで香りも味も抜群

一般的なドッグフードはオイルでコーティングされているので、特有の臭みやベタつきがあります。

 

 

 

【ドッグフードおさかな】はノンオイルコーティングなのでベタつきがなく、鰹節が香る優しい風味に仕上がっています。

 

 

 

ノンオイルなのでお湯をかけるとすぐに柔らかくなり、硬いフードが苦手な子犬やシニア犬でも食べやすいです。

【ドッグフードおさかな】は犬のために本気で作られた

【ドッグフードおさかな】が作られた背景や思いを、地元の静岡県のテレビ局から取材を受けた動画です。

 

 

【ドッグフードおさかな】は魚だけではなく素材ひとつひとつにもこだわっています

 

素材へのこだわり

厳選野菜を配合
かぼちゃ、トマト、ブロッコリー、さつまいも。
犬が好きな野菜、栄養価が高い緑黄色野菜がたっぷり。
お通じにも配慮、国産の食物繊維
ビート(サトウダイコン)由来の食物繊維を配合。

良質なたんぱく質をバランスよく配合
新鮮な魚に大豆と酵母をプラス。
動物性たんぱく質と植物性たんぱく質をバランスよく配合することによって、多種多様なアミノ酸が摂れる
【ドッグフードおさかな】の原材料を見てみると、一般的なドッグフードに比べると配合されている材料がとても少ないのが分かります。
余計な酸化防止剤、着色料、化学調味料などをカットし厳選された素材だけで作られたシンプルなドッグフードです。
魚介類(まぐろ、かつお、かつお節、かつおエキス)、でん粉類(さつまいも、ばれいしょ)、脱脂大豆、酵母、マッシュポテト、なたね油、ごま、食物繊維、野菜類(トマト、かぼちゃ、ブロッコリー)、ミネラル類(Ca、P、Cl、K、Na、Zn、Fe、Cu)、ビタミン類(C、コリン、E、ナイアシン、パントテン酸、A、B2、B6、B1、葉酸、B12)

【ドッグフードおさかな】の詳細

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事