犬を飼ったら絶対読んでおきたいお薦めの本【ジャンル別】

私はベリーを飼ってからしつけの本、健康管理の本、犬の病気の本など毎月のように何冊も購入して読んでいました。

 

 

何か困ったり悩んだ時はその都度、本で調べて何度も読み返しています。

 

 

数ある多くの本のなかでも特に役に立った本をジャンルごとに紹介します。

 

犬の手作りごはんに関するお薦めの本 

愛犬のための症状・目的別食事百科

おすすめポイント

カラー写真がありレシピも多く、病気や症状別の実例レシピが充実している

手作りご飯初心者の飼い主さんにはコレ一冊で手作りの基本がマスターできる

スーパーマーケットにある食材ばかりのレシピなので気軽に作れる

病気ごとになぜその食材を使うのか理由までも記載されているので安心できる

商品レビュー
手作りするならまず読んで欲しい一冊です。

腎臓が悪く、病院であと6ヵ月と言われた愛犬でしたが、この本に出会い、食事を変えたら、メキメキ元気になりました。

獣医の中でも、食事、栄養についても語れる方が割と少ない中、須崎先生はすごく勉強なさっていると思いました。
 
いろいろな考え方があるのはわかりますが、手作りご飯の本を参考に読むなら、これをおすすめします。わかりやすく、あまり神経質にならずに続けていける内容です。

大活躍

本を見ながら毎日、手作り食してます。
元気になる愛犬を見てると手作りをつづけようと思います。
子犬や老犬の必要な栄養やミネラルも掲載されています。

病気じゃない犬にも使えるレシピでもあるので、手作りゴハンを始めたいけど不安に思っている飼い主さんにはお薦めの一冊です。

獣医師が考案した長生き犬ごはん

おすすめポイント

食材についての解説がこまかく書かれているので安心して使える

季節ごとに旬の野菜を取り入れたレシピが多い

忙しい時は作り置きの工夫がとても役に立つ

商品レビュー
簡単で美味しく薬膳で健康に

タイトルにもあるように獣医師さんによる犬ごはんの本です。

薬膳がベースになっており、季節のレシピやデトックス、疾患別のスイッチ食材、手作りおやつに簡単なマッサージなどなど、とても参考になります。

以前から手作りごはんを作っていて、本も何冊も持っていますが、初めて本のレシピ通りにごはんを作ってみました。
愛犬も大喜び!どれも家にある材料でさくっと作れます。手作りごはん初心者さんにもおすすめです。

とても参考になります

とてもわかりやすかったです。
本のようにきれいに使わなくても、冬には体を温める食材は何か書いてあるので、食材を選びやすいです。
手作りを初めて不安なこととか、ある程度解決できると思います。
私は計算が苦手なので、できるかたはなおさらオススメの本です。
体質改善のためのレシピを取り入れている本です。
長生きするためには栄養を摂るだけでなく、デトックスまで考えることが必要です。
難しい事を考えずに気楽に手作りゴハンを始めるにはもってこいの本です。

今あるがんに勝つ!手づくり犬ごはん

おすすめポイント

タイトルのとおりガンに勝つために特化したレシピを多数掲載

効果的な食材の組み合わせがパッと見てすぐわかるように工夫されている

食いつきが良くなる工夫がほどこされている

ガンの種類によってどんな栄養が必要なのかがわかる

商品レビュー
食いつきが違います

リンパ腫ステージ5の我が子についてインスタで投稿したら、少しでも元気になってもらいたいと須崎先生の本を友人が勧めてくれました。

早速楽天ブックスで購入し、届いた日から三種類ほど作ってみました。

こんな食材も与えていいんだあ、と驚きもあり、そして何よりウチの子の食いつきがやはり市販のドッグフードとは比べものにならないです。

容器が空になってもずーっとペロペロと舐めて足りなさそうにしています。食べることは生きること。

良いヒントが沢山詰まった一冊です。これからもウチの子の生命力を信じ、諦めません。

明るい気持ちになりました

たくさんレシピが載っていて、内容も分かりやすくて、見た目も可愛くて、沈んでた気持ちも少し明るくなりました。

沢山美味しいご飯を愛犬の為に作ってあげようと思いました。

どんな栄養バランスで、どんな食材を与えるといいのかを写真でわかりやすく書いてあります。
手作りゴハンのベテラン飼い主さんにも多くの気づきがあります。
病気と闘っている犬のために頑張って作ってみようと思える本です。

7歳からの老犬ごはんの教科書

 

おすすめポイント

見た目よりも栄養重視、鍋1つでできる健康ごはんの作り方

介護が必要になったときのゴハンや身体のケアの方法

老犬特有の病気とうまく付き合うためのレシピ

老犬の体調にあった手作りごはんの素材選びや調理法の紹介

季節ごとのゴハンとデザート、毎月のごちそうゴハンなど豊富なレシピ

商品レビュー
著者の気持ちがこもった本です

我が家のわんこがもうじき11歳になります。

これまで何の病気もせず元気に生きてきましたが、最近、軽い老眼かもしれないとか、心臓に軽い雑音があるとか、、、カットや予防注射で動物病院を訪れる度に指摘されるようになってきました。

赤ちゃんだったわんこも気がつけば、老犬の仲間入りをしていました。なんだか外見は変わらないし、毎日元気なので、本当にうっかりしていました。

これからこの本を参考にしっかり勉強したいです。中身は本当に詳しく丁寧に書かれています。参考になる事も多く、なんだか頑張れそうな気がしています。健やかな老犬生活が送れるように努力したいです。

愛犬をいたわりたい飼い主 必読!

シニア期を迎え、食べムラがある愛犬に快適に生活してもらい、長生きしてもらえるようにと思い購入しました。

手軽にできそうなレシピは多数あり、とても参考になっています。食材の栄養素などは豆知識として、飼い主の食生活にも役立ちそうです!

老犬に対する思いやりや優しさが感じられる本です。
老犬ごはんの基本とポイント」では水分の大切さや季節の変化に合わせたゴハンなど、他の手作りゴハンの本には書かれていない重要な事が書かれています
食が細くなってしまった老犬でもゴハンの時間が楽しくなるようなレシピがいっぱいです。

愛犬のための症状・目的別栄養事典

おすすめポイント

食材早見表で愛犬の病気の症状や目的別に食材を選べるのが便利

食材をみじん切りにして鍋に放り込むだけの簡単調理

これ1冊があれば愛犬の食事に関する悩みはすべて解消できる内容

食べさせて良いか判断に困る食材についても参照できる

商品レビュー
わかりやすいです

手作り食をしていますが、栄養面については正直自信がありませんでした。

薬膳を少しかじってみましたが、面白いのですが奥が深くなかなかうまく使いこなせません。

こちらの本は答えがすぐ見つかる感じでとても助かります。困ったときの案内本になると思います。

これだけに頼るのではなく、自分の犬をよく観察してその子にあった食生活をさせてやりたいと思いました。

とても参考になります

持病をもっているうちのワンちゃんの為に以前から手作り食を実施していましたが独学で手さぐり状態で作っていても自信が無かったので購入しました。

須崎先生の本はとても分かり易く、症状別に必要な食材を紹介してくださっているのでいつも参考にしています。

他の本も徐々に購入していこうと思っています。

数多く出版している須崎先生の手作りゴハンのシリーズの中でもっとも読み応えのある一冊。
手作りのごはんはを与えたいけど「栄養のバランスが悪いのでは?」と不安に思っている飼い主さんにも一歩踏みだすきっかけになれる本です。

犬との暮らしに役立つ本

犬はあなたをこう見ている

おすすめポイント

犬に対する今までの常識とは違った視点や発見があっておもしろい

罰をあたえるしつけをしてはいけない理由がなぜなのかが分かる

留守番をすることに耐えられない犬の簡単な直し方も必見

犬を擬人化することがお互いにとって弊害になる理由もわかる

商品レビュー
犬に関する本では読んだことある中で最良の一冊

犬と狼を同一視する事が、時には犬に不幸な結果のみしか与えない事。犬がどのように躾を学習するか。

また犬がどういう風に人間を自分達の社会の一員と認識しているか等。犬の行動原理を実証的にここまでまとめているものは他に見たことがない。読み物としても十分面白い。

本当の犬の姿がわかります

これまで犬は思い違いをされていたんだとよくわかる本です。

DNA分析の技術がこの10年で格段に進歩したことで、犬の起源が一昔前より詳しくわかるようになったこと、犬のしつけについて、体罰を用いる理由として、オオカミの序列を用いていたけれど、それは間違っていることがよくわかりました。

ドッグトレーナーのことも書かれていて、本の最初の方に、ドッグトレーナー選びの参考にしてほしいという内容がありました。

ネットの情報に振り回されないようにするために一度読んでおくと、非常に参考になる本だと思います。

犬の思考や行動に関する人間の思い込みを科学的に正してくれる本です。
この本を読むと改めて「犬との快適な暮らし方は?」というのを考える良い機会になります。

ザ・カリスマ ドッグトレーナー シーザー・ミランの犬と幸せに暮らす方法55

おすすめポイント

飼い主さんの間違った常識に気付かせてくれる

1運動・2しつけ・3愛情」   犬と暮らす重要な順番が詳しく書かれている

犬と飼い主さんの間で明確なルールをつくり、より良い関係の作り方が学べる

犬と接する時はマインドフルネス(今に集中する)ことの重要性が分かる

商品レビュー
単なるしつけ本ではない非常に深い内容

シーザー・ミランの番組は何度も観ていました。

書籍は初めて目を通しましたが、犬との接し方や関わり方などいわゆる『しつけ』のパートだけでなく、子犬の選び方や迎え方、人生における転機での犬との向き合い方。

犬を飼うにあたり、自分では不足していた知識や心構えに気づくことができました。私は今、飼った犬を家族に任せきりになっていたことから、悪くはないが問題を抱えている犬と暮らしています。

犬の問題は飼い主の抱える問題により起きる。犬は飼い主を映す鏡である。
まずは人間であり、彼等の群れのリーダーである私達が穏やかで毅然とした人間にならなければならない。

愛情と甘やかしを間違えていた自分に気づきました。また大好きな犬達と幸せに過ごせるように、シーザーから本を通し学んだことを実践していきます。

犬を飼う前に買って読む本

友人のすすめで買いました。犬を飼い始めて2週間でいろいろ悩みだしたところにこの本。

とても役立っています。仔犬もいい方向に成長していると思います。

ついつい人間目線で可愛がってしまい、犬としての成長を妨げることをしてしまっていたことが、単にノウハウではなく理論的にわかりました。

犬のしつけの本ではなく、シーザー・ミラン氏から飼い主さんへの指導ともいえる本です。
人間の間違った常識は犬には通用しないことが改めて分かります。
犬を飼い始める前の人、飼い方に悩んでいる人にはお薦めの教科書です。

イヌの老いじたく

おすすめポイント

犬を飼う前に自分の老後・犬の老後のことを考えておく必要性が具体的に分かる

高齢犬の病気、身体の衰えに備えるゴハン、介護、そして最期の別れまでの心構えが網羅的に学べる

高齢犬との生活がどのようなものなのかが細かいところまで想像できる

年齢を重ねた犬ほど病気の早期発見と早期治療が基本であることと、病気の見つけ方のコツがわかる

商品レビュー
読む前と読んだ後では世界が変わります!

これから我が家の犬の老いとどのように向き合えばいいのか、不安に思っていたからです。私自身も悲観的に犬の老いをイメージしていました。

しかし、この本を読んでみて悲観的なイメージは払拭されました。老いというと悲観的な内容、悲観的になってしまう内容と思われますが、この本は全く違います。

犬の老いと自然に生きていけばいい、向き合っていけばいいと背中を押してもらえた気がします。

そしてもうひとつ、この本では専門知識がない私でも、簡単に理解できる言葉を使って書かれています。多くの人が犬の老いについて理解できるようにしてくれている配慮にも感謝です。

読む前と読んだ後では犬の老いについて、世界が変わります!多くの皆さんにおすすめしたい本です。

犬が元気なうちに読んでおきたい

生後2か月のパピーを目の前に、この天使がいずれ死んでしまう時のことなど誰だって考えもしないでしょう。

しかし、責任ある飼い主であるためにできるだけ早くずっと先のことも考えておかなければなりません。
心の準備や愛犬と寄り添って生きていくための具体的なノウハウなど、そのために必要なすべてがこの本には収められています。

もちろん早いに越したことはありませんが、決して遅すぎることはありません。
かく言う我が家の愛犬もすでに16才です。

もし少しでもこの本のタイトルに興味を覚えたら手に取って絶対に損のない良書です。

犬を飼い始めたときから知っておきたい多くのことが書かれています。
老犬特有の病気、介護、ゴハンのこと・・・犬を飼う事の大変さの80~90%は老後に集中します。
まだまだ若いから大丈夫と安心せずに、若いうちから準備をしておくことが必要です。

その子(ペット)はあなたに出会うためにやってきた

おすすめポイント

心が落ち込んでいる時に読むと明るい気持ちになれる

犬たちはしぐさや行動で飼い主さんに毎日いろんなメッセージを送っている

犬と共に暮らしている幸せと感謝を今以上に感じることができる

商品レビュー
誰も教えてくれなかった事が書かれています。

ペットの行動は、人間の思い込みの部分が沢山あるんだと気付かされました。

私達の言葉を理解しているという所は、やっぱりなって思う節があるので納得しました。

ペットに起こっている事は自分や家族に関連していたなんて驚きです。
動物に関わる全ての人に読んで欲しい本でした。

この本を読んでみんなの意識が変わったら動物に関する酷い事件が無くなるのでは?と思いました。
どの章も、誰も教えてくれなかった事が書かれていて、ペットを見る目が変わりました。

心が愛で満たされます

今月最愛の愛犬を看取りました。17歳、人間でいうと84歳です。

大きな病気も患わず老衰でした。ペットロスになりかけの私にこの本は元気と愛をくれました。

ペットちゃんがいる方、これからペットちゃんを迎えようかなぁと考え中の方、ペットちゃんいたら良いなぁという方、全ての動物好きな方に、ぜひお勧め致します。

スピリチュアルな内容だと言えばそうです。だからこそ魂に語りかけてくれます。心が沈んでいたけど、少しずつ上がって来れました。大好きな本の中の一冊です。

言葉が通じない分、犬はしぐさや行動で精いっぱいのメッセージを送ってくれています。
飼っている犬の愛情深いメッセージを知りたい飼い主さんにお薦めできる本です。

フレンドの遺言状

おすすめポイント

毎年当たり前のように行われている混合ワクチンや狂犬病ワクチンの接種についての誤解や真実

犬と少しでも長く暮らしたいと思う飼い主さんは必読の一冊

インターネットで検索してもなかなか出てこない貴重な情報がある

犬との暮らし、健康、ゴハンについて今までのやり方と答え合わせをしながら読める

商品レビュー
犬を深く考えるのにとてもいい本だと思います

読む人によって、賛否両論になる内容だと思いますが、何も考えずにただ正しいと信じて接種するほど、ワクチンの問題は簡単なものではないと思いました。

まずはいろんな方向から知ることが大切で、あとの判断は自分だと思います。
ただ、獣医師さんという立場で、相当な覚悟があっての出版だと思いました。私はとても納得できました。

愛するものを守るために気づいて欲しい

ペット関連業界をとりまく現実が様々な利害関係のなかで複雑にからまってしまい、本当に守らなければならない愛するペットの「命」が危険にさらされていることを知っていますか?

この現実を知ることができた飼主であるあなたとそのペットは本当に幸運です。

無知でいることはあなたの大切なペットとの悲しい別れを避けがたい現実とします。

獣医である立場を越えて著者が語りかけてくれる言葉は愛するものを失った贖罪からくる心の叫びです。
是非是非読んで欲しい一冊です。

賛否両論がある本だからこそ読む価値のある本です。
なにも考えずに犬を飼う事がいかに危なく、犬の身体と心にストレスを与えているのかが分かります。

犬の健康管理に関するおすすめの本

イラストでみる犬の応急手当

おすすめポイント

嘔吐や下痢をした時など、症状や状況によって緊急性があるのかどうか判断する目安が学べる

いますぐ動物病院につれていくほどでもない時の応急処置の方法

緊急なケガや病気の時、病院で診てもらう前に飼い主さんで出来る事がわかる

フルカラーイラストで分かりやすく解説してくれている

商品レビュー
獣医師さんの思いを感じました

この本の最大のいいところだと思うのは「私たち飼い主に最低限出来る事」のみにポイントを絞ってあるところだと思います。

適切な処置のため迷わないよう、見開きでフローチャート形式で手当ての方法を導き最終的には「動物病院へ」と、指示されております。

いたずらな薬の使用や治療は、一切記されておりません。そこが、安心です。

応急処置の説明の行間に「これさえしておいてくれれば」というような、獣医師さんの思いが感じます。

愛犬の苦痛回避のためにも、手元においておくだけでなく、イザという時のために熟読しておきたい。そんな1冊です。

役立ちそうな感じ

思わぬ事故や怪我のときのファーストエイドが生命を救えるか後遺症少なくできるかを大きく左右します。

この本はとても分かりやすく見やすいしポイントを押さえてありました。我が子を守るために熟読したいです。

犬はちょっとした環境の変化や季節の変わり目に体調を崩すほどデリケートです。
日常おこりうる嘔吐や下痢、皮膚炎などが起きた時にあわてたりせず「その場でできることは何なのか?」が詳しく書かれています。
この本に目をとおしておけばイザという時に非常に役立ちます。

イラストでみる犬の病気 (KS農学専門書)

おすすめポイント

犬種、雄雌、年齢ごとに起こる病気の原因・特徴・症状の説明がイラスト付きでわかりやすい

動物病院で獣医師の説明をきく時の予備知識として役立つ

インターネットで調べた情報に物足りなさや不安を感じたときに読むと疑問が解消できる

気になる病気だけをピンポイントで読んだり、そのほか関連する病気を多岐にわたって調べられる

商品レビュー
一見難しい内容だけれど

犬の疾患のうち、基本的な部分をきっちりとおさえた素晴らしい一冊です。

編者の一人は獣医師の教科書も書いていらっしゃいますし。これを使って飼い主さんに病態を説明なさる動物病院も多いのでは?

多少の専門用語は出てきて一見難しそうですが、決して全てを覚えなくてもいいんです。愛犬に関係のありそうな疾患だけ必要なときに見ればいいのではないでしょうか。ぜひおすすめですね。

とても良い商品でした

思っていた以上にキレイで、写真なども鮮明でした。
お値段の割にはとても良い商品でした.。
病気やケガは、初期の発見と適切な治療が早いほど身体への負担がへります。
病気の知識があれば愛犬の様子がいつもと違ったり、「なにか変だな」と異変に気が付くのが早くなります。
モノを言えない犬の体調不良のサインに気が付くのは飼い主さんしかいません。
ある程度の基礎知識はこの本一冊で充分です。

犬のための家庭の医学

おすすめポイント

犬の健康にはゴハンも大切だけど併せて心のケアやコミュニケーションも重要だとわかる

犬と人間の生活の質を上げるヒントが数多く書かれている

ドッグフード、サプリメントの選び方や与え方までしっかり理解できる

商品レビュー
これ一冊で十分ですね!

とてもためになる。
これから飼う人も、飼っている人も、ぜひぜひおすすめです。
全部が医学でなはい、ワンちゃんの気持ちものってます。
便利です

室内犬を飼うのは初めてでわからないことが多かったのですが、いろいろな症例が細かく記載されていますので分かりやすく助かっています。
医学の事だけではなく、犬との快適な暮らしであったりトレーニングやしつけのコツなど総合的に学べる本です。

愛犬のための 症状・目的別 高齢犬ケア百科

おすすめポイント
介助への不安や疑問を解消しておくことでいずれ訪れる犬の老いに迷いがなく対応できる

老化のライフステージごとに必要な介助が変わり、それに対応した介助の方法がわかる

自信をもって介助をすることで愛犬が安心して生活できる

人間の医療や介護現場に精通した飼い主さんが、犬の場合はどうやって介助するのか実例で紹介

商品レビュー
老犬を持つ方には是非読んでほしいです

16歳のコーギーがいます。
毎日手作り食ですが、食欲はあるのに食べている途中で疲れてしまう姿など、日に日に老化していくのを見ていて、この先食べられなくなったらどうしたら良いかと不安で購入しました。

本を開くと、実際に老犬介護されたら方の日常生活においての工夫や、ご飯の与え方など詳しく載せてくださっているので、一気に不安が解消されました。買ってよかったです。

大型犬の介護実例が多い

実例に出てきた犬が、ラブラドール、シェパードなど大型犬4種。

しかも、それぞれの実例なので、時期ごとの工夫も具体的です。

食事まえの準備運動など考えもよらず、高齢犬の疾病ケアもこうすればよいのか、と大変参考になりました。

小型犬の場合も、参考になると思います。年寄りになった犬のオーナーさんすべてにお勧めしたい本です。

犬がげんきで走り回ったりゴハンを普通に食べられる期間は長いようでとても短いです。
いつか訪れる介助のまえに、予備知識として準備しておくのに早すぎることはありません。
介助をとおして一生懸命に生きている愛犬がますますかわいくなります。

犬・猫に効くツボ・マッサージ

おすすめポイント

気休め程度のマッサージではなく実際に効果があらわれる指圧の方法が学べる

本格的な漢方薬から手作りの陳皮やアロマテラピーの方法がわかる

犬が病気になったときお医者さんに任せっぱなしにならず家でのケアもできる

犬の本は絶版になる事がひんぱんに起こる

犬や猫に関する本で、以前から気になってていざ買おうと思ったらいつの間にか絶版になってたという事がよくあります。

 

 

なかでも特に病気関連の本は売られなくなる傾向があります。

 

 

絶版になった本はフリーマーケットで買おうとすると定価以上の価格で購入することになってしまいます。

 

 

後で読みたくなっても読めなくなってしまうので、私は気になる本があったらすぐに注文して手に入れてます。

 

 

なので、もし気になる本があったら早めに購入することをお薦めします。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事