ベリーは一ヶ月に一度シャンプーをしています。

 

子犬の頃は身体が小さいので洗うのも楽でした。

 

成犬になって身体が大きくなってくると洗われるのを嫌がったり、ドライヤーをやっても全然乾かなかったりします。

 

準備をしたり片付けも大変なので後回しにしてしまいがちですが、やはり被毛や皮膚はどんどん汚れていくので定期的に清潔に洗っています

 

ベリー自身にとっても不潔な状態でいるよりもキレイにしてもらった方が気分が良いでしょう。

 

そして何より、汚れた状態のままほったらかしでいると雑菌が増殖し皮膚に炎症が起こって痒みや痛みを伴ってきます

 

犬にとってシャンプーは健康で快適に暮らすためにも絶対に必要です。

 

ジャーマンシェパードにお薦め!【もずの魔法シャンプー】

犬用シャンプー

 

もずの魔法シャンプーを開発した社長さんは、ご自身がアトピーのためこの製品をつくりました

 

できるだけ人工的な化学系成分を入れず、自然に近い成分を配合することによって肌への負担を無くし、アトピーの人に安心して使えるように作られています。

 

このシャンプーの秀逸な点は、保湿剤に高分子のフコイダンを使っていることです。

 

フコイダンとはもずく、昆布やワカメといった褐藻類のヌルヌルの成分です。

 

フコイダンの保湿力は抜群に高く乾燥による痒みを予防してくれます。

 

ベリーは子犬の頃からもずの魔法シャンプーを使っているおかげで肌のトラブルは一切ありません

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【新】もずの魔法シャンプー 340ml
価格:3480円(税込、送料無料) (2021/3/20時点)

 

ジャーマンシェパードをシャンプーする時の注意点

 

 

犬を洗う目的は以下のふたつです。

    • 清潔にして皮膚病を防ぐため
    • 犬と人間がお互い快適に過ごすため

     

シャンプー選びを間違えると犬がツライ思いをする

シャンプーの主成分はラウリル硫酸ナトリウムという洗浄成分です。

 

ラウリル硫酸ナトリウムは洗浄力が強いので汚れがしっかり落ちます。

 

汚れだけが落ちれば良いのですが、問題は皮膚を守るバリア機能を低下させてしまう事です。

 

 

バリア機能が低下することによって、痛みや痒みが起きてしまいます。

 

犬の皮膚病はいったん起こるとなかなか完治せず、ステロイドを服用して治そうとすると副作用によって別の病気を発症するリスクが高まる厄介なものです。

 

 

「犬のシャンプーは頻繁にやらないから、しっかり洗える洗浄力が高めの物を購入する」というのは大きな間違えです。

 

正しいシャンプー選びとは「極力肌に負担をかけないものを購入する」ことです。

 

皮膚病や炎症を予防するためのシャンプーなのに、シャンプー選びを間違ったために皮膚病を起こしてしまっては本末転倒です。

 

理想的なシャンプーは香料や化学系の界面活性剤など余分な成分を一切入れていない物。

 

安全性を考慮するなら、着色料・香料を一切使用していないものを選ぶべきです。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【新】もずの魔法シャンプー 340ml
価格:3480円(税込、送料無料) (2021/3/20時点)

犬のニオイ防止のためシャンプーは必要

特に室内で犬を飼っているならシャンプーは必ずやります。

人間と犬が快適に暮らすためには「ニオイ」が非常に重要です。

 

来客があったり、食事をしたりする中で犬のニオイというものは異臭でもあります。

 

飼い主さんにとって犬のニオイは慣れてしまいますが、そうでない人にとっては不快に感じるひともたくさんいます。

 

「あの家の近くを通ると臭い、行きたくない」と思われるのはとてもつらいことで、飼い主さんの耳には入ってこない声です。

 

一ヶ月に一度犬を洗うだけでもニオイ対策は充分にできます

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事