今まで元気だった愛犬でもいつか必ず歩けなくなる時がやってきます。

 

 

どんなに食事や運動に気を付けていてもやがて来る「老化」に逆らうことはできません。

 

 

長生きしてくれるのは本当にうれしい事ですが、それに伴って介護のことで不安な事も増えてきます。

 

 

介護の中でも心配のひとつが「寝たきりによる床ズレ」です。

 

この記事では上手く歩けなくなったシニア犬に少しでも快適な暮らせるように

飼い主さんが在宅中の寝床づくり

飼い主さんが留守中の寝床づくり

のことを重点的に紹介します。

飼い主さんが在宅のときの寝床づくり

飼い主さんが在宅中は、犬の寝たきりを助長させないことが重要です。

 

 

「フセ」の態勢ができるようであれば、フセの状態を少しでも長く維持させておくとワンちゃんがとてもラクになります。

 

 

通常犬の目の動きは「左右」に動きます。

 

 

 

寝ている状態になると、飼い主さんの動きを追う時の目の動きが「上下」になります。

 

人間でも同じですが、目を上下に動かすとだんだん気分が悪くなり「酔い」と似た感覚になります。

 

 

頭を起こして目を左右に動かすともっと気分が悪くなります。

 

 

この目の動きの違いによって介護時のワンちゃんたちの酔いは助長され、頭を起こすことが困難になり筋肉の萎縮をさらに加速させてしまいます。

 

ポイント

伏せの姿勢は体感や全身の筋肉を刺激し、筋肉の萎縮を維持できるため酔いやめまいの予防にもなります。

寝ている状態から「フセ」に体位変換させるメリットは多く、理想的なフセの姿勢を維持することで投薬や食事のむせ防止などにも効果があります。

 

飼い主さんの介助があればフセができるならフセ用のクッションがとても役に立ちます。

フセにするメリットまとめ

床ズレや筋肉の萎縮、関節の固まりをなくせる
ゴハンや飲み薬がラクになり、むせることが無い
視線の上下運動を減らして「酔い」や「めまい」の防止ができる

飼い主さんが留守のときの寝床づくり

共働きで日中に介護ができないケースはどの家庭でも起こります。

 

寝たきりになった愛犬の寝床づくりの課題は「床ズレ」を作らない事です。

 

床ズレが起きるのは、皮膚の同じ部分に長い時間圧力がかかり、その部位の血の流れが悪くなり細胞の組織が死ぬことが原因です。

床ズレによって犬に起こること
床ズレ関節炎・・・体圧分散性が悪く骨が出ている部分に負担がかかり関節炎をおこす

皮膚炎・・・通気性が悪く蒸れて居て、ノミ、家ダニが犬の身体に発生しやすい

悪臭・・・十分に手入れを行うことができず不衛生な環境

最悪の場合、犬の傷口に大量の蛆虫が寄生するので床ズレ防止は最重要課題です。

ベッドは低反発と高反発の両方使用

がんばれば立ち上がれる犬であれば高反発マットレスが効果的です。

 

自力では立ち上がれない寝たきりの犬には、高反発マットレスは硬くて皮膚に負担をかけ床ズレになりやすいです。

 

低反発マットレスの役割

ゆっくりと沈みこみ、身体を包み込む寝心地

血行が妨げられないので、長時間寝ていても手足がしびれない

体圧を分散させることで、床ズレが起きやすい部位への負担を避けられる

高反発マットレスの役割

低反発マットレスからの重みを全体で受け止める

床の硬さを感じさせないので快適に寝られる

床ズレになりにくい快適な寝床づくり

一番上が低反発マットレス

中間に高反発マットレス

一番下に厚めの毛布やジョイントマット
高反発マットレスは元気な犬の寝床にも利用できるので早い時期から持っていても充分使えます。

寝床の基本は「滑らかな手触りでフカフカ」

低反発+高反発マットレスで床ズレの問題はかなり解消できますが、介助の際に身体を動かしたりするとマットレスと摩擦が生じます。

 

寝たきりになると身体をこすっただけでも傷になりやすくなります。

 

 

肩、ひじ、足首、大腿骨など骨が出ているところは要注意です。

 

 

身体を動かしたときにスムーズに動く、手触りがなめらかな素材の毛布は犬の身体に優しいので重宝します。

 

 

低反発マットレスの上になめらかな手触りの毛布を敷いてあげると傷がつきにくいので安心です。

 

 

ゴツゴツした毛布は温かいんですが摩擦力が強いのでお薦めできません。

 

 

犬の身体に直接触れる部分の素材は滑らかな方が傷がつかず、体位変換も容易なのでお薦めです。

 

身体どうしが触れ合う箇所の床ズレ対策

前脚どうし、後脚どうしが長時間触れ合っている部分にも床ズレができてしまいます。

 

二時間~三時間で体位変換ができるのが理想的ですが夫婦共働きの場合は付きっきりで世話をすることができません。

 

そういったケースでは、犬に低反発の抱き枕やなめらかな素材の毛布を脚と脚の間にはさんであげます。

 

抱き枕の場合、すっぽ抜ける心配があるので毛布の方が安心です。

体位変換の注意点

体位変換(寝返り)は今まで下側だった部分が上になり、下だった部分が上になります。

 

犬によっては寝返りさせたときに苦手な向きがあって、バタバタして居心地が悪そうになります。

 

落ち着かないようでしたら、上記で紹介したフセ用のクッションを敷いて身体が斜めになるように寝かせると居心地が良くなってぐっすり寝てくれます。

床ズレになるかどうかは身体の一点にかかる力と時間を最小限にすることを心掛けていれば大丈夫です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事