犬と一緒に暮らせることは本来はとても幸せなことです。

 

それなのに多くの飼い主さんは犬のしつけに失敗し、多くのストレスを抱え悩んでいます

 

ストレスをため込んでいるのは飼い主さんだけではなく犬の方も強いストレスを抱えており、問題行動はますますエスカレートしていきます。

 

無駄吠え、噛みつき、グイグイ引っ張られる散歩・・・。

 

「こんなに一生懸命しつけてるのに何で良くならないの?」「こんなにかわいがってるのにどうして?」

 

その答えはお互いがお互いを理解していないからです。

犬の特性を知らずに飼い始めると苦痛の日々を迎える

 

しつけの根本的な間違いは、犬に対して人と同じように教育しようとすることです。

 

重要なのは犬の目線で物事を見ることができるかどうかです。

 

人間に喜怒哀楽があるように、犬にも喜怒哀楽があります。

 

この点は人間と犬は同じです。

 

ちょっと違うのは「人間がされて楽しい事と、犬がされて楽しいこと」が一致しない事です。

 

 

犬のしつけに困っている人の100%が犬のことを知らないまま飼っています。

 

犬という動物はどんな生き物なのか?

 

私自身も犬の特性を分からずにベリーを飼い始めて、大変なストレスをベリーに与えてしまっていました。

 

そんな折に、動物病院にフィラリアの薬をもらいに行ったとき獣医さんにしつけの件で相談をしました。

 

獣医さんは「私は病気やケガの治療が専門なのでしつけには詳しくありません」とおっしゃったあとに、お薦めの訓練士さんの教材を教えてくれました。

 

それが

飯嶋志帆 先生 Inuversity(イヌバーシティ) ~いぬ大学~ 犬のしつけ教材

 

 

 

イヌバーシティーは「犬の習性・犬がなにを考えているのか・どう教えたら犬が理解してくれるのかをまずは飼い主さんが学びましょうというものです。

 

そこを身に付ければ、あとの躾はいろいろ出来ます。

 

 

一つ一つの問題行動に対して困ってから何とかしようとするのではなく、最初から知識を持って始めるのが近道であり、犬と飼い主さんが幸せに暮らせる唯一の道です。

 

 

犬がいう事を聞かないのは「ただの犬のわがまま」で片付けようとすると、人間は強制的に犬にいう事を聞かせようとします

 

強制的に言う事をきかせようとする典型が犬におやつを与えてしつけをすることです。

 

 

オヤツをあげていう事を聞かせるのはオヤツが欲しいからいう事を聞いただけで、指示されて嬉しいという気持ちが犬にはありません。

 

指示されて嬉しいのが本来のしつけであり、犬は人間に指示を出されて実行することに喜びを感じます

 

 

それなのに犬が言う事を聞かないのは何かが間違っているからです

 

 

その間違いを見つけ正しい方向に導くのがイヌバーシティーです。

 

 

いったん知識を身につけてしまえばどんな犬にも対応できます。しつけ教室に支払う金額よりもはるかに低価格です。

 

 

犬のしつけに関して困って悩んでいる人はいっぱいいます。

 

 

もし身近で犬の躾に困っている人がいれば助けてあげることもできるので是非イヌバーシティーをご覧になってみてください。

 

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事