アメリカのコロンビア大学の研究で、人間にも生まれた月よって病気にかかりやすい人や、どんな病気にかかる傾向があるのかが分かっています。

 

アニコム『家庭どうぶつ白書2020』によると、犬にも生まれた月によって病気になりやすい犬と、病気になりにくい犬にそれぞれ傾向があるとのことです。

 

 

保険金の請求によるものなので多少の誤差はあると思いますが、加入者が多い保険会社なのでほぼ正しいでしょう。

 

2月と3月生まれの犬は病気になりやすい

ジャーマンシェパード

 

『家庭どうぶつ白書2020』の統計を見ると2月と3月生まれの犬は最も病気になりやすいので注意が必要です。

 

逆に考えると、普段からちょっと様子がおかしいなと思ったらすぐに対応ができます。

 

『アニコム 家庭どうぶつ白書2020』

 

引用:アニコム ホールディングス

 

ベリーは8月生まれなので平均より少し病気になりにくいようです。

 

それでも安心はできないので、ベリーが病気に負けないように毎月必ずオゾン療法をやっています。

 

 

 

私が行っている動物病院では¥1.500なので気楽に行けて便利です。

 

 

いろんな動物病院に問い合わせてみると、近所で3件ほどオゾン療法をやってたので全国的にも多くの病院でやっています。

 

 

病気になりやすい犬とは対照的に、4月と9月生まれの犬は保険の請求が他の月の犬より少ないので病気やケガをしづらいとのことです。

 

 

比較的に気温が穏やかな時期に生まれた犬は身体が丈夫なんでしょうか。

 

ちなみに人間の場合、病気のリスクが高いのは10月生まれでリスクが低いのが5月でした。

 

なりやすい病気も生まれた月によって違う

ベリーの場合、歯・口腔・腫瘍に要注意!

 

引用:アニコム ホールディングス

 

 

ジャーマンシェパードは他の犬種にくらべて患う病気の種類が多いので、食べるものや運動、住む環境に配慮しています。

 

 

食べ物で難しいのは、身体に良い食材ばかり摂取してても身体が弱くなって病気がちになることです。

 

 

健康と矛盾する事なんですが、身体に悪いものを食べる事によって免疫力やデトックスの力を高める事もできるのです。

 

 

ただ、人工的に作られた着色料や保存料は避けたほうが無難でしょう。

 

 

全般的に見ると、犬は耳と皮膚が弱いですね。

 

純血の犬は遺伝的な病気が特に気になる

 

日本で人気のトイプードル・チワワ・ミニチュア・ダックスフンドはいい加減な繁殖をされやすいので購入の際は出どころをしっかり調べることが重要です。

 

飼ってる犬が病気になったとき、飼い主さんの多くの時間とお金は犬に費やすことになります。

 

犬の保険は不要ですが、犬に使うお金が充分にないと大変な目に遭います。

 

ベリーを購入した訓練所は繁殖に関してはかなり慎重にやってくれていたので安心でした。

 

少なくとも両親犬から三代先までの遺伝を調べてくれないと安心できません

 

もし犬が遺伝的な病気に発症したら長い付き合いになる覚悟は必要です。

 

大型犬であろうが小型犬であろうが、かかる費用は高級車1台分は余裕で買えてしまいます

 

 

そこを考えると洋犬よりも和犬のミックスは健康に関してはピカイチですが、性格が一匹オオカミな部分があるので難しいところですね。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事